ハーブは、不安定性と不揮発性

一般的にハーブとは、
ヨーロッパなどで薬草やスパイスなどに使われる植物のことを言います

香りや辛味、苦味を楽しむことから、
キッチンハーブと呼ばれているものもあります。

また劇薬に使用されるものも含む為、いわゆる毒草植物もハーブに含まれ、
使用や栽培に許可が必要なものまであります。

また、ローズヒップ(バラの果実)のように、
本来葉や茎などは含まれずとも、
花や実なふどの特定のものだけだハーブとして扱われる場合もあります。

日本ではハーブ試験なるのもがあり、
ハーブセラピストになる為には必要不可欠な資格となります。

ハーブ検定とは、ハーブの名前や特徴、
成長中やドライ時の役割などの知識を試す試験です。

また、ハーブセラピストは、人々がハーブに携わることでより健全で楽しく、
フレッシュに生活出来るようにサポート出来る人を言います。

その為には、
ハーブの歴史、基礎知識、栽培方法、おいしい淹れ方、ブレンド、効能、
様々な知識を必要とします。

また、ハーブセラピストとして講師になったり、専門店を持つなど、
職業としての人気も高くなっています。

日本では見かけることの少ないハーブですが、
生活を豊かにする為には知っておいた方がいいかもしれませんね。

copyright(C)サプリメントを生活の一部に